首の回旋のズレから来る、顔のゆがみを解消

ポジション:

 

頭を横に向けてうつ伏せに寝ます。両腕を背中の後ろに伸ばして手を組みます。肩と肘は床に着けたまま、組んだ両手が背中の真ん中に来るようにします。恥骨をマットに押し付けて、つま先を床につけた状態にします。両大腿部と足首が離れないように締め付けます。

エクササイズ:

両踵でお尻を3回叩きます。両脚を最初のポジションに戻しながら、床につま先がつかないように後ろの壁へ向かって伸ばし上げます。そして、両手も同様に後ろの壁へ向かって伸ばし、上体を起こします。この時、顔は下に向け床を見ます。これで一回と数え、この動作を繰り返します。一回ごとに顔の向きを入れ替えます。

呼吸:

両脚でお尻を蹴る時に息を吐き、体を持ち上げる時に息を吸います。

ポイント

両腕を足に届かせるように伸ばしましょう

エクササイズちゅうは、常におへそを脊柱の方にひっこめた状態にしましょう

背筋を伸ばして、脳天から前方に伸びていくようにしましょう