医学的には

母指が外反(外側に曲がり)・回内(内側に回る)する変形であるが。多くは3次元的な変形で屈曲のパターンにります。

要因は➡ 自分で治す  外反母趾 でも述べましたが…

 

様々な原因が考えられます!!

・母指が第二指と比較して長い「エジプト型」➡ブログ 足の悩み どこから 

・偏平足

・第一中足骨の内反

・丸位骨頭の形

・関節の弛緩(筋の緊張が緩い)

・母子周囲の筋のアンバランスなど

 

症状

母子の付け根が痛くなります。

痛みによる腱膜瘤(バニオン)ができます。

しかし、痛みと変形の進行は関連しません。

たこを生じ、母子以外の小指・槌趾などの変形や足関節の変形・神経の絞扼(痛み)など生じます。

 

重要な判断基準

外反母趾角(HV角)…第一基節骨と第一中足骨角(母子の付け根の角度)

20度以上30度未満→軽傷

30度以上40度未満→重症

 

治療法の多くは 保存療法

 

保存

マッサージ→ストレッチ→筋トレ の順で行いましょう!!

動画で治療

ストレッチとマッサージ方法

 

 横アーチ・内側縦アーチの治療

  • 母趾外転筋のマッサージ
  • 母子内転筋のマッサージ
  • 長拇趾屈筋のマッサージ

母趾外転筋が硬くなって機能不全を起こしている人が多いです。まずはここをリリース。

マッサージで硬くなった筋周囲を柔らかくすると、その筋肉を伸ばしストレッチします。

まず、母子を整えることが大切。

MP関節(母子の付け根)からしっかりと屈曲できることが大切!

 

筋肉トレーニング

 

エクササイズ

外反母子はタオルギャザーだ!!  いえいえそれだけではいけません。


・その前に足指全体で屈曲と伸展の運動をしっかり行う。


・細かな指の運動グーパー運動で足指を動かしていく。


・母指が整ったら タオルギャザー動画

  勿論 すごく効果的



  

  前脛骨筋、後脛骨筋、長母趾・長趾屈筋を使う→アーチの形成が目的

  

  母趾の外転もしっかり誘導することがポイント


・足でのボールつかみ運動

 

 

 

 

手術

保存治療ができない場合は手術をすることも。

手術方法は150種類もある。ミッチエル法・マン法など

小柳ルミ子さんが、外反母趾で手術を受けたことで以前クローズアップされたことも。