暖かくなってきました。薄着で外出する季節がやってきます。

痩せなくちゃと思う人も少なくないでしょう!!

美しい体作りのコツを少しご紹介します。。。

 

下半身太りはあなただけでない!

 

下半身が太くてと悩む人は少なくありません。

実は当たり前ことです。

実は、下半身の血管は上半身に比べて、約三倍も太いのです。血管が太い分、血流量が多いために栄養分も多く運ばれるのです。

どうしても、下半身に脂肪がついてしまうということに。

でも

逆に血流量が多いということは、たくさんの老廃物や脂肪が排出されます。

ですから、痩せやすいのも下半身なのです。

また、重力の関係で水分は脚にたまりやすいです。

足の筋肉が硬くなって、あまり動かなくなると、水分・血液を送るポンプ作用の働きが落ちます⤵。

そう。

老廃物がたまるばかり。

下半身太りを解消するには

筋肉を良く動かして、下肢にたまった老廃物を血管に押し流しもどすことなのです!!

そして、

ポイントは

鼠蹊部(太ももの付け根)は筋肉の付着部分であり、リンパの通り道。

ふくらはぎは、第二の心臓・ポンプ作用の働く部位。

下半身をどうにかしたいなら、まずはここにアプローチしましょう!!

落ち着かない動きを見習う!?

 

実は、

「落ち着きのない人」

に太った人いません。

子どもは、無駄な動きが多く落ち着きがありません。

そういう子供に、太ってる子どもいませんよね。

でも、それは

常によく動いているために、ちょこちょことエネルギーを消費しているからなのです。

毎日ジョギングはするが普段あまり動かない人と

普段から動きの多い人では

痩せやすいのは後者。

毎日の激しい運動=ジョギングは、同じ筋肉ばかり負荷をかけ筋肉を硬くしているだけの可能性も。

一か所の筋肉だけでなく、足・お腹…色々な筋肉を使うと痩せやすい。

ポイント

落ち着きのない人を見習って、良く動くことが痩せやすい体に。

 

引き締まったボディには筋膜がカギ

 

人間の体は、一枚のボディースーツのような膜で覆われています。

つまり

筋膜。

筋膜は肌の弾力を左右するコラーゲンと同じ繊維でできています。

硬くなりやすいという性質を持っています。

例えば

肩こりで周辺の筋膜が硬くなると、全身の筋膜がそれに引っ張られ動きが悪くなるのです。

筋肉周囲の血行が悪くなり代謝も落ちます。

もし同じ動きを繰り返せば筋膜の「ほころび」にも。

ポイント

筋膜と筋肉は一心同体。全身ボディのケアにはこの二つへのアプローチが不可欠。

筋肉刺激しなから。筋膜をほぐす必要があります。