医学的データ

ニュージーランドのオークランド大学精神医療研究室&生体工学研究所の研究者による論文

 

姿勢を正すとポジティブ感情が高まり、疲労感が低下します。

軽度抑うつ状態や中等度抑うつ状態の人達は姿勢が悪く、うなだれた姿勢をしている傾向にあります。しかし、背筋を伸ばして姿勢を正すと、ポジティブ感情が高まり、疲労感が低下、おしゃべりになるという研究があります。

Wilkes, C., Kydd, R., Sagar, M., & Broadbent, E. (2017). Upright posture improves affect and fatigue in people with depressive symptoms. Journal of Behavior Therapy & Experimental Psychiatry, 54, 143-149. doi:10.1016/j.jbtep.2016.07.015.