不調でお困りなら佐野市のあっと@ボディ

住所栃木県佐野市高萩町1310-2
交通JR線両毛線「佐野市」より車で10分

脊柱管狭窄症に必要なエクササイズとは?

2019.10.23

脊柱管狭窄症とは

 

背骨には

脳から続く神経である脊髄が通る空間があります。

これを脊柱管と呼びます。

   

脊柱管狭窄症とは、

骨・靭帯の肥厚、椎間板の突出などで

脊柱管が狭くなり脊髄が圧迫され

腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすもの。

    加齢により骨・靭帯などが変性して起こることが多く、 椎間板ヘルニアに比べ50代以降の高齢者におおいです。          

脊柱管狭窄症の症状とは?

立っている時や歩行時の、臀部痛や下肢痛です。

   

多くの場合、歩くことで疼痛が

一定時間の休息で再び歩く間欠跛行(かんけつはこう)が代表的な症状。

  馬尾神経が障害される場合や、神経根が障害される場合など似た症状の疾患では その場合、立ち止まるだけで症状が改善するのに対し、 脊柱管狭窄症では、前かがみになるなど姿勢を変える必要があるという違いがあります!  

脊柱管狭窄症で必要なエクササイズ

  脊柱管狭窄症の人に多い 骨盤の後傾         つまり 骨盤を立たせることが難しい!         この骨盤の可動性を改善します! ☟☟☟