腰痛でお困りなら佐野市のあっと@ボディ

ブログ

2019/11/21(木)

腰痛の真実

カテゴリー:腰痛

 

85%は原因不明

 

日本整形外科学会によると、

腰痛の85%は原因不明と報告されています。

 

 

 

この原因がわからない腰痛のことを

非特異的腰痛と言います!

 

 

 

 

整形外科医はレントゲンなどの画像で診断します。

しかしその画像診断では、はっきりと原因が特定できない

85%も原因不明です。

 

 

 

 

腰痛患者の85%以上がこの非特異的腰痛なのです。

 

 

 

 

ではなせ画像診断では特定できないのか?

何が本当の原因なのでしょうか?

 

 

 

 

画像診断で判断できないのは、

レントゲンに写る骨に原因がないからです

 

 

 

つまり椎間板の軟骨がすりへって関節裂隙がなくなったり、

圧迫骨折があったり、

脊柱管が狭窄していたり、、、

 

 

 

 

 

 

このようような所見がとれない。

 

 

 

 

そういった場合

「お尻と下肢にシビレがあるから、坐骨神経痛ですね。」と

診断をされることも多いのです。

 

 

10人に一人が腰痛

 

 

腰痛に悩む日本人の数は、

ここ数年で1000万人超で推移しています。

つま り、約10人に1人が腰痛持ちで。

 

 

 

腰痛の原因は、腰の骨や筋肉の障害、ストレス、内蔵の病気など様々。

 

 

 

全て合わせると

日本人の90%が一生に一度は

腰痛を経験すると言われているのです!

 

 

腰痛で見るべきポイント

 

ポイントは3つです。

 

 

1つ目は殿部

2つ目が腹部

3つ目が頸部

 

勿論イレギュラーパターンもあります…

7割ぐらいはこれだけで痛みの改善は期待できるのです!

 

 

 

 

 

 

具体的には殿部は大臀筋など股関節の回旋、伸展に関わる筋肉があります。

腹部には大腰筋を中心に股関節の屈曲に関わる筋肉があります。

 

 

考え方としては殿部や腹部の筋肉が硬くなることで股関節の可動域が下がります。

ヒップ・スパイン シンドロームという考え方があります!

 

 

 

 

つまり

殿部や腹部の筋肉が硬くなることで、

体幹の屈伸時や回旋時など腰椎が過剰に動いて、

腰背部の筋肉が疲労し痛み出るというものです!

 

 

 

もう1点は頸部です。

頸椎は腰椎と対極の場所にあります。

脊柱全体はお互いにバランスを取り合っていつも動いています。

これをジンクパターンと言います

 

 

頸部の可動性低下により腰部が動かない、

あるいは動きすぎることにより腰部に痛みにつながります!

 

 

 

腰痛の原因をたどっていくと

頸部が原因であるということがよく見られるのです。

 

 

 

 

通常初回施術費4,000円(30分)のところ

初回限定特別価格1,980円

先着1名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-2676-7099

【受付時間】8時~20時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は8時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。